1. HOME
  2. 営業内容
  3. 低濃度PCB汚染絶縁油抜油収集運搬処理

低濃度PCB汚染絶縁油処理

弊社では、関連会社である神戸環境クリエート株式会社が低濃度PCB無害化処理認定を取得したことにより、低濃度PCB汚染絶縁油の収集・運搬サービスを開始しました。
さまざまな機器等から低濃度PCB汚染絶縁油の抜油作業をし、処理施設へ運搬します。

低濃度PCBとは?

PCB(ポリ塩化ビフェニル)は、絶縁性、不燃性など優れた特性があり、トランス、コンデンサ等、電機機器用の絶縁油などに利用されていました、しかしその毒性は極めて高く、大きく社会問題化したことから、昭和47年以降、製造・輸入が禁止されています。

しかし近年、PCBを使用していないとする電気機器等に、数mg/kgから十数mg/kgのPCBに汚染された絶縁油が存在することが分かってきました。


PCBの処理

PCB廃棄物を保管する事業者は、保管状況等の毎年度の届出、及び、平成39年3月31日までに、適切に処分することが義務付けられています。

低濃度PCB汚染絶縁油処理の流れ

お問い合せ
事前調査
見積書提出
収集・運搬委託契約
収集・運搬計画書制作
収集・運搬
無害化処理施設

低濃度PCBの処理は、認定処理施設の件数が少ないため、今後、処理の依頼が増加するものと思われます。
漏洩のリスクを減らすためにも、早期の液抜きをお勧めします。
低濃度PCB廃棄物の処理をお考えのお客様
是非、弊社へご相談ください。